.

「スプレッド」とは外国為替証拠金取引は通貨を取引して差益を得る取引です。

売買の値は、いつも動いています。

これがマーケットです。

テレビを見ていると、話題が流れる時があります。

例としてあげると、「本日のドル円相場は80円50銭から52銭で取引されています」という感じです。

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で注文されているという意味ではなくドルを買うときには80円52銭、売るときには80円50銭、であることを言い表しています。

別の表現をするとFXには買値と売値の両方の値段が存在している事を表しています。

売値のことをBID(ビット)、買値のことをASK(アスク)と提示しているFX取引会社もあったりします。

普通は買値よりも売値が安く決定されています。

私達が買値は高く、売値は安くなるのです。

この差分をスプレッドといいFX会社の利益の1つになっています。

スプレッド幅は取引会社によって変化します。

スプレッドの広さは利用者にとってコストになるので低い取引会社を選んだほうが得します。

ただ、同じ業者でも局面によってはスプレッドの幅は変動します。

日常的にはドル円のペアでたった1銭のスプレッドの広さであるとしてもレートの上下動がとても大きい状況では大きくなったりする場合があります。

なので、スプレッド幅が狭いのと同時に変わらないということが肝心です。

最近では固定したスプレッドの広さを示すFX取引会社もいくつもあります。

リアルにFX業者のトレード画面の中でマーケットをチェックしなければ評価できないのでわずらわしいですが重要な事です。

重要なお金を預けて取引しますので本物の取引の前に気になる取引会社の取引口座開設をいくつもして表示されているスプレッドの広さを確認しましょう。

同じ外貨でもそのときの相場の状況によって通貨ペアのスプレッドの広さは異なります。

いつもはインターバンクで取引高が多い米ドル/円やユーロ/円、ユーロ/ドルではスプレッドが狭く、それ以外の通貨ではスプレッドの差が拡大する事がよくあります。