.

よくある初心者用のFX投資の書籍では「損失を被った時にはナンピン買いをすることによって、平均の買い付けコストをコントロールする」等アドバイスしていますが、実際にはそれには引っ掛けが待っています。ソニー不動産

はじめに、ナンピン買いの仕組みに関して分かりやすく説明しておきます。めっちゃぜいたくフルーツ青汁 効果 口コミ

たとえば、100円で1ドルを買ったとします。喪服 レンタル 東京

ドル買いのため円安に動くほど儲けを得られますが思い通りに行かず1ドル95円まで円高ドル安に向ってしまったとします。ニキビ跡 凸凹

このままの場合所有し続けたらマイナスをなくすためにはマイナス分円安ドル高が進まなければなりません。リネットプレミアム会員

皆さん、マイナスは早めに0にしたいと願うでしょう。ハーブの資格 ※通信講座でハーブ検定2級→キレイモまで

それを解決するため最初に売買したのと同じだけの$を1ドル=95円でエントリーします。

すると、ポジションの買い付けコストは97円50銭まで引き下げることができます。

言い換えると、2.50円の幅でドル高に向えば、損失を失くすことが出来ます。

この流れがナンピンのロジックだ。

こういうふうに、ナンピンの理論を耳にすると、「納得だ」と考えるが、為替はそう簡単に問屋を卸しません。

初めから、1ドル=95円が下値だということなど想像できません。

たとえば、マーケットが強い円高の流れだとしたら、1ドル95円ではとどまらず、より一層円高になる可能性は高くなります。

仮定として、97.50円でナンピン買いをして1ドル=95円まで円高ドル安になっとしたならばナンピン買いしたポジションについても、赤字が生まれることになってしまいます。

これでは、最初に持ったポジションと一緒にダブルで損が生まれる事になります。

この通り、ナンピン買いは難しいのだ。

それなら、為替が自身のシナリオとは反対の方向にみるみる進む場合どういった対応で危機を軽減すればいいのでしょうか。

こういう時には選択できる選択肢は2つ。

最初のひとつは潔くあきらめて、損を確定する事です。

もうひとりは、その段階で、自分か保有しているポジションを少なくして、もう一回マーケットが戻るのを待ち望むことです。

かなり弱腰の手法だと思う投資家もいるkもしれません。

けれども、自分が所有しているポジションに為替差損が生まれた時最も有効な方法はこの2つ以外にはありません。

机上では、ナンピンという考え方もあるように思えます。

だがしかしナンピンは、あなた自身が損失を披っている場面で、ポジションを減少させるどころか、反対に買いポジションを増やしていく考え方です。

この手法では、危険を制御することなど、とても無理だ察するべきです。

ナンピン買いを続ける事ができればその内勝てるかもしれません。

だけど、それより先に投資資金は不足してしまいます。