.

ありふれた初心者向けの外為の雑誌では、「損失が生じた場面ではナンピン買いをして全体の買い付けコストを低くする事が出来る」等とアドバイスしていると思いますが現実的にはナンピンには落とし穴が潜んでいます。やれるsns

最初に、ナンピン買いの方法について分かりやすく記述しておきます。まつげ美容液 使い方

ひとつの例として1ドル100円でドルを買ったとする。バランシングゲル メディプラスゲル 比較

$買いなので、ドル高になればなるほど儲けが出るわけですが、運悪く95円まで円高ドル安が進んだとします。メディプラスゲル 口コミ

このままの場合保持し続けたとしたら損失が戻るためには、ドル安になった分円安ドル高に向う必要があります。カーシェアリング 車離れ

みんな、損は早く無くしたいと思います。クレンジング酵素

このためはじめに売買したのと同額分の$(ドル)を1ドルを95円で買い増します。ベンツ w203 買取価格

そうしたら、全体のコストは1ドル=97.50銭まで引き下げることができます。http://www.xamanismo.org/?p=36

その結果、2.50円の幅で円安ドル高に進めば、損失を失くすことが出来ます。ジッテプラス

それが、ナンピンのロジックだ。

ナンピンのやり方を聞くと、「確かに」という風に思うが、そう易々と問屋を卸しません。

そもそも、95円が底値だということなどなんびとも分かるわけがありません。

もしも、外国為替市場が強い円高ドル安地合だとしたら、1ドル95円ではとどまらず、一段のドル安が進むリスクが高くなります。

仮定として、1ドル=97.50円でナンピンをした場合に1ドル=95円までドル安になっとしたならば、ナンピンした分についても為替差損が生まれることになってしまいます。

この状態では、最初に保有したポジションと合わさって二重の差損を被ることになります。

例示したとおり、ナンピン買いは大変です。

それでは、マーケットが己の物語とは逆の方向にさっさと進む場合どういった方法で危機を軽減すればいいのでしょうか。

そこで選ぶべき術は2つしかありません。

まずはじめは観念して、損失を確定する事です。

ふたつめは今、自分か所有しているポジションを少なくする事によって、再度外国為替市場が戻るのを何もしないで待ち望む事だけです。

主体性のない手法だとみる方もいるだろう。

だがしかし、自分が所有している買いポジションに為替差損が出た場合、最も正しいやり方はこの他にはありえません。

なるほど、考え方としては、ナンピン買いをする術も有効です。

しかしナンピン買いはあなたが損失を出している状態で、買いポジションを縮小するどころか、それとは反対にポジションを積んでいく考え方です。

この考え方では、リスクを避けることなどどう考えても可能ではない察するべきです。

ナンピンをし続けられればその内勝てるかもしれません。

だが、そうなる前に資金はショートしてしまうだろう。