.

「スプレッド」とはFX投資は通貨を売り買いして差益を得る商取引です。http://webmania.to

値段は四六時中上下しています。

それが為替市場です。

ラジオのニュースを聞いていると、ドルやユーロの為替レートの話題が流れる時があります。

例としてあげると、「今日のドル円は80円50銭から52銭で取引されています」というようにです。

それは80円50銭から80円52銭の間で取引されているという事を意味するのではなくドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを示しています。

つまり、トレードには買値と売値の値段が存在するのです。

売値、買値の事を別の言い方で表している取引会社もあったりします。

普段は買値よりも売値のほうが安い価格に設定されています。

買値は高く、売値は低くなるのです。

その差額をスプレッドといいFX会社の収入のひとつといわれています。

スプレッドの狭さはFX取引会社によって変化します。

スプレッドの差は自分にとって費用になるので、低いFX会社をピックアップするほうが儲けられます。

ただ、場面によってスプレッドの差は大きくなったり小さくなったりします。

通常はドル円の組合せでわずか1銭のスプレッドの差であるとしても為替の上げ下げがとても激しいときには1銭よりも大きくなったりします。

という訳で、スプレッドの広さが狭いのと同じく、変化しないのが重要です。

最近では固定でスプレッドの広さを見せるFX取引会社もいろいろ存在しています。

現実に取引会社の取引画面内で実際の市場を見なければ区別できないので面倒ですが不可欠な事です。

大切なお金を預けて注文をするわけですから、現実のトレードの前に、興味がある取引会社の新規取引口座開設を全部して示されているスプレッドの狭さを実感しましょう。

同じ外貨でも、そのときの変動率によって通貨ペアのスプレッドの幅は変わります。

普通は、銀行間取引で売買高が多い外貨ではスプレッドが狭く、あとの通貨では広がるのが一般的です。