.

自動車重量税、別名重量税という税金は国産メーカーの車でも海外の車等愛車の国やスポーツカー、ステーションワゴンというような車体も全て同じで、たとえばマツダやBMW、などでも同じように負担が必須な税金です。十勝川 釣り

新車登録の場合、あるいは車検を受けるさいに納税が必要になる税になります。東京探偵事務所の報告書

その支払金額はその車の重さにより決まっています。出会いアプリ

「自動車重量税」と「自動車税」という二つの税金はまったく異なる税なので基礎を学んで勘違いしないようにしてください。福島 温泉 ランキング

「自動車重量税は車の大きさ毎に」「自動車税というものは自動車のリッター数によって」金額が変わってきます。メールレディ おすすめ サイト

また、買い取りする時の扱いも違ってきますから、注意しましょう。俺得修学旅行/奥森ボウイ/最新記事/コミなび

車の売却の時には既に支払った自動車の金額がいくら残っていた場合でもその金額が還付されるようなことはないです。ペニス増大サプリ

一方、自動車税の場合は既に納めた金額を買取金額に上乗せしてくれる場合がなくはないですが重量税に関しては上乗せになるといったケースはあまりないはずです。

重量税というのはいくら支払った額が残っていると言っても自動車の買取専門店の方でそのことが配慮されることは少ないと思います。

ですから次回の支払い、つまり車検に出すまで売らずに待ってから買い取ってもらうというのがベターでしょう。

自動車の売却時は還付の対象にならない重量税ですが、ある事例でしたら還ってくることもあるのです。

というのは、次の車検までの期間が残っている愛車を廃車にしてしまう場合。

要は廃車申請をすると、残っている期間に応じた金額が返ってきます。

ですが中古車の買い取りの場合はその中古車が廃車になるのとは違うので還付されません。

さらに所有車の名義を変更した時や盗まれた際も還付してもらうことはできません。

自動車重量税が残っている期間がある車を手放すということは車検がまだある自動車ということになります。

そのことを買取側も忖度しますので重量税の期間が残っていればそれなりに査定額が上がると思います。

もちろん、査定額は業者によりまちまちなのですが、車検が残っているということが考慮されれば、車の査定額と比べるとそんなに損をするということもありません。